女の子が欲しい!男の子が欲しい!すぐに実践できる産み分け方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

産み分けとは

生後間もない赤ちゃんのイメージ

希望の性別が実現するように男の子・女の子のどちらかの確率を高め、妊娠前に行動することです。
赤ちゃんは授かり物とは言え、「女の子が欲しい」「男の子が欲しい」と希望する人も多いかと思います。

特に2人目、3人目ともなれば、なおさら希望の性別があると思います。
そう強く希望している人たちは、妊活のなかで産み分けをしているのです。

なぜ妊活中に産み分けをしなければならないのかというと、赤ちゃんの性別は受精する時に既に決まってしまうからです。
妊活中の産み分けで実際どのくらいの人が成功しているのか、詳しく見ていきましょう!

 

産み分けの成功率

しかし、男女の産み分けを完全にコントロールして100%成功させることはできません。
産み分け法をすべて実践して男の子だと81%~91%、女の子だと70~80%の確率で成功するといわれています。

50%以上の確率を出していることから、希望の性別の子供が欲しい方は妊活中に産み分けを実践してみると良いでしょう。
ただ、100%の確率ではないので、希望の性別の子供が生まれない場合もあります。

というのも、産み分け方法はいくつかあるのですが、どれも完全に産み分け出来る方法ではないからです。
妊活中の産み分けはあくまで希望の性別に近づけることを目的としています。
もし希望の性別でなくても自分の子供に代わりはないのでしっかりと愛情をもって接しましょう。

産み分けのメリット・デメリット

引用:©unsplash.com

妊活中に産み分けをすることで希望の性別の子供が出来るなら、是非とも実践したい!という方も多いでしょう。
しかし産み分けにはメリットだけでなくデメリットが存在します。

もしデメリットになるところに引っかかる人は産み分けをおすすめ出来ません。
事前にどのようなデメリットがあるのかをチェックしておいてください。

産み分けのメリット

  • 妊娠した時、子供が希望している性別になりやすい
  • ファミリーバランシングを保ちやすい
    ※家族構成を調整することで理想の家族像を作りやすいこと
  • 遺伝による病気を子供に受け継がせないようにする

もともと産み分けは男の子が欲しい、女の子が欲しいという親のエゴではなく、子供に親の持っている遺伝性の病気を受け継がせないようにするためのものでした。

色盲、筋ジストロフィー、夜盲症、血友病、筋萎縮症など自分の子供にまで病気に悩んでほしくない、という時などには産み分けは試してみる価値があるでしょう。

産み分けのデメリット

  • お金がかかる
  • 産み分けに失敗した時の精神的な影響
  • 妊娠しにくくなる
  • 遺伝性の病気を受け継ぐ可能性がある

特に病院で産み分けの指導を受ける場合は自分でするよりもかなりのお金がかかってきます。
また、産み分けに失敗した時の精神的なショックにはなかなか立ち直れないという人も多いようです。
人によっては産み分けに失敗したからと中絶する人もいます。
必ずしも100%産み分けられるわけでないことを理解しておかなければなりません。

また、産み分けを優先すると妊娠しにくくなります。
特に女の子用の産み分けは排卵日の2日前に性交する、というものもあるのでなかなか授かりにくくなります。
特に35歳以上で妊活をしている方は産み分けどころか妊娠が格段に難しくなるため、産み分けはおすすめ出来ません。

赤ちゃんの性別はどうやって決まる?

赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決まります。
人間は23組の染色体を持っていて、2個1組になっています。
染色体は22組までの44個は男女とも同じものを持っていますが、23組目が性染色体と呼ばれ男性は「XY」女性は「XX」となり、性別が決まるのです。

この23組目の性染色体の「XY」と「XX」の違いで性別を決めます。

精子はX染色体かY染色体という細胞を持っており、一方卵子はX染色体のみを持っています。
X染色体の精子が卵子と結合すると、XX染色体となって女の子が生まれ、Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると、XY染色体となって男の子が生まれるのです。

つまり精子の状態が赤ちゃんの性別を決める際に重要ということですね。

男子になるY精子の特徴

  • アルカリ性に強く、酸性に弱い
  • 寿命が1日と短い
  • X染色体の約2倍の数
  • 動きが早い

女子になるX精子の特徴

  • 酸性に強く、アルカリ性に弱い
  • 寿命が2~3日と長い
  • Y染色体よりも数が少ない
  • 動きが遅い

特徴を見分けると、男子になるY精子の数が多いということから男の子の確率が高くなりそうに感じてしまいますが、膣の入り口は酸性なので、酸性に弱いY精子の多くはそこでなくなってしまいます。

そうなると、男女が生まれる確率は約50%と考えられます。

男の子と女の子どっちを産むべき?

引用:©unsplash.com

家を継がせるため、ファミリーバランシングをとるためなど産み分けをする理由は様々だと思います。
でも男の子、女の子どちらを選んで産むべきかまだ悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

特にファミリーバランシングをとるならば男の子と女の子の特長を事前に知って、自分たちに合う方を選ぶのもいいでしょう。

男の子の特長と育児

  • 女の子よりも繊細
  • 小さな物音でも起きやすい
  • 甘えん坊でママを慕いやすい
  • 考え方に違いがある
  • 旦那のコントロール方法がわかりやすくなる
  • 怒られていることをすぐに忘れる
  • 幼少期はあまりしゃべらない
  • 体を動かすことが好き
  • 女の子よりも感情が豊か
  • プライドに配慮しなければならない

女性にとって男の子の子育ては新しい発見がいっぱい。
中には旦那のコントロール方法がわかった、なんて人もいるそうです。
幼少期はママ一筋でとっても甘えてくるので、小さい恋人を持った感覚になります。

ただ、考え方に違いがあるので大きくなるに連れちょっとした言葉や態度で反発をすることもあります。
男の子は女の子よりもメンタル面がとても繊細なので、外見や偏見で気持ちを蔑ろにせずしっかりと向き合ってあげることが大切です。

女の子の特長と育児

  • 精神的な成長が早く、知恵がつきやすい
  • 子供服が可愛くておしゃれ
  • 大人になると私物を共有できる
  • 自分の世界を持つのが早く、あまり甘えてこない
  • なぜ怒られているのか理解しやすい
  • よくしゃべり、コミュニケーションを積極的にとる
  • 主婦業の良きアシスタントをしてくれる
  • トイレトレーニング終了が早い
  • 恋愛相談など友達感覚でいれる
  • 聞き分けが良い子が多い

女の子は男の子に比べて精神的な成長も格段に早いとされています。
あまり甘えてはこないものの、察する力をもっており聞き分けがいい子が多いようです。

しかし知恵がつきやすい分、言い訳や口答えも達者になりがちに。
しっかりとしている分なんでもかんでも任せっきりにしがちになり、気づかないうちに精神的に負担をかけさせていることもあります。

ただ、女性同士大人になるとファッションを共有したり一緒に旅行に行ったりと友達気分で接しやすくなります。

性別を決めたら名前もチェックしておこう

引用:©unsplash.com

男の子か、女の子か性別を決めたらどんな名前にするか時折チェックしたり、ある程度決めておくと良いでしょう。
産み分け方法は難しいので妊活と両立するとモチベーションが下がりやすくなります。
しかし、あらかじめ名前を考えておけば産み分けに対するモチベーションもUP!
人気の名前をチェックしておきましょう!

男の子の人気な名前

  1. 悠真(ゆうま)
  2. 蓮(れん)
  3. 大翔(ひろと)
  4. 陽翔(はると)
  5. 湊(みなと)
  6. 陽太(ようた)
  7. 悠人(ゆうと)
  8. 悠斗(ゆうと)
  9. 樹(いつき)
  10. 悠(ゆう)

女の子の人気な名前

  1. 咲良(さくら)
  2. 結菜(ゆうな)
  3. 凜(りん)
  4. 結衣(ゆい)
  5. 陽菜(ひな)
  6. 凛(りん)
  7. 陽葵(ひまり)
  8. さくら
  9. 優愛(ゆあ)
  10. 莉子(りこ)

産み分けのやり方

ポイントを抑えるイメージ

女子のX染色体を持つ精子の特徴を生かし、どうやって卵子に届けるかが大切なポイントです。

もともと膣の入り口は、病原菌や雑菌の侵入を防ぐため強い酸性に保たれ、子宮は通常アルカリ性に保たれています。
排卵日が近づくとアルカリ性の粘液が排出され、膣内を中和させます。

膣内の酸性度は、いつも一定ではなく、周期的に変化し、排卵日がもっとも酸性度が低くなります。

この周期的な変化を利用して、排卵日は、アルカリ性に強い男子になるY精子が優位ということと排卵日以外は、酸性に強い女子になるX精子が優位になるといえでしょう。

それでは、男女それぞれの産み分けテクニックを見てみましょう。

産み分けの前準備に必要なこと

準備をリストアップするイメージ

まずは産み分けをする上で、まずは基礎体温の測定を行い排卵日の特定をすることが大事です。

産み分けの成功確率を上げるための、知ってて損しない産み分けの準備ポイントを紹介します。

リズムを整え排卵日を予想しておく

毎月排卵日が巡るイメージ

男性側の精子の状態と女性の排卵日も男の子・女の子の産み分けには大切です。
通常、女性の膣内は酸性で排卵日が近づくとアルカリ性に変化します。
そうすると排卵、Yの精子がとても動きやすくなるんです。

逆に排卵よりも少し日を空けて性交したときには、酸性が強い中で精子が排卵を待たなければならないため、Y精子が減って、X精子が生き残りやすくなります。

排卵日は性別が分かれやすくなる大切な日なんです!

中国式産み分けカレンダーを参考にする

カレンダーのイメージ

13世紀頃の中国の王様の墓からは、現代にも通用する産み分けの手法が見つかっています。
それが現在も利用されている、中国式産み分けカレンダーなのです。
中国語だと「清宮生男生女圖」と表記されます。

日本では、通称「チャイナカレンダー」や「チャイカレ」などと呼ばれ、産み分けを考えている人たちの中でも有名なのではないでしょうか。

その他にもブラジル式産み分けカレンダーがありますが、使いやすさや的中確率が90%とよくチャイナカレンダーは、妊娠中で性別がまだわからない妊婦さんからも人気のようです。

産み分けゼリーを用意しておく

ベビーサポートの商品イメージ

引用:©baby-support.jp

妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】
1セット7本入り 13,800円(税別・送料別)

通院せずに産み分ける方法のひとつで、男の子用と女の子用の2種類があり、それぞれ女の子用は酸性、男の子用はアルカリ性になっていて、膣内環境にph値をコントロールしてくれるゼリーです。

ベイビーサポートはゼリー、容器、袋、箱すべてが日本製。
天然成分で作られたゼリーとなっているので安心して使用できます。

使いきりタイプで、使い方が簡単というのも評判のゼリーです。
使用しなかったベイビーサポートを買取してくれる、おめでた返金キャンペーンを実施中です。

女の子を産み分けるには?

女の子のイメージ

排卵日の2日前に性交する

排卵日には膣内がアルカリ性になります。
排卵日よりも少し前である2日程度前に性交を行うとアルカリ性よりも酸性が強くなるので、X精子を多く残すことができます。

X精子は寿命が2~3日と長いのも特徴。

男子になる「Y精子」のほうが、泳ぐのが早いため、子宮膨大部にいち早く到達しますが、寿命が短いため2日後の排卵を待っている間に「Y精子」は死んでしまいます。

「X精子」は泳ぐのが遅いですが、「Y精子」よりも寿命が長いため、2日たっても膣内で生き残っている可能性が高くなります。

排卵日の2日前に性行為をしておけば、排卵当日に女の子を決める精子の方がより多く残っている可能性も高くなります。

性交を行ったら、膣内を過剰にアルカリ性にしないために、排卵日を過ぎて3日目まで(合計5日間)は禁欲しましょう。

精子の量を少なくしておく

精子の量を減らしてもY精子、X精子の割合は変わりませんが、量を減らすことでY精子を生き残る可能性は低くなります。

少しでもY精子の確率を減らすには、数の少ないX精子の比率を上げることです。

できれば2〜3日に1回は射精し、精液を薄めておくことがコツです。

あっさりとした性行為

女性がオーガズムを感じると強いアルカリ性を分泌するため、酸性に保たれた膣内がアルカリ性に傾いてしまうのでX精子には良くありません。

そこでX精子を優位にさせるためには、あっさりした性行為がおすすめです。

体位を工夫する

前座位

結合の深さをコントロールできる体位です。
あくまでも奥にいかず、浅い所で調整しましょう。

後側位

男性が女性の後ろに回って挿入することで浅くなります。
女性も楽な姿勢でリラックスができます。

 

側臥位

女性の前方または後方から軽く挿入します。
動きづらいですが長く結合しておくには最適な体位です。

クランベリーを摂る

クランベリーに含まれているキナ酸、プロアントシアニジンなどのポリフェノールは体を酸性に傾けるという作用があるようです。
これにより膣内環境をアルカリ性に整えることが出来るんだとか。

といってもこれには諸説あり、「食べ物によって体内のpHが影響することはない」と言う専門家もいるそうです。
実際に妊活中にクランベリーで産み分けをした方はおりものの粘度が低くなり、サラサラになったという人もいます。
科学的な根拠はないようですが、産み分けのサポートとして取り入れると良いかもしれません。

ただ、妊娠後はクランベリーの摂取は安全性が確認されていないので控えましょう。

産み分けゼリーを使う

引用:©http://baby-support.jp

妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】
13,800円(税抜き)/7本

産み分けゼリーの中でも人気の高いベイビーサポート。
女の子用のゼリーはPH4.5~5というデリケートな方でも安心して使える最適なpHを実現。

さらに一本分の容量は4.5mlと大容量だからたっぷり使えて痛くないんです!
効果だけでなく使用感にもこだわっているんですよ◎

日本製だからこそ安心して使えるところも人気のポイントの一つです!
2箱、3箱おまとめコースで購入すれば、たとえ余ったとしても返金キャンペーンで1本あたり1,000円で買取してくれるからとてもおトク。
買取されたゼリーは製品改善の研究に使われるから、再度販売される心配もないんです!

男の子を産み分けるには?

男の子のイメージ

排卵日の当日に性交する

排卵日になると膣内がアルカリ性に傾くため、アルカリ性に強いY精子がベストなコンディションといえます。
Y精子は、動きにスピードがありながら、寿命が短いという特徴を踏まえ排卵日の当日がチャンスなのです。

でも排卵日当日というのはなかなか難しいですよね。
特に基礎体温が乱れていると、排卵日の予測自体できていないという方もいるのではないでしょうか。

そんな時はおりものの状態とにおいに注目しておくといいでしょう。

排卵日が近づくと子宮内や膣内はアルカリ性に傾きます。
そうするとおりものが酸っぱいにおいを発する時があるんです。

さらに排卵期のおりものは生卵の白身のような透明のゼリー状で、よく伸びます。
排卵後はおりものの量が減って粘り気のある黄白色のおりものに、生理後はほとんどおりものが出ません。

基礎体温が乱れていて排卵日の予測をしにくいという方は、おりものの状態やにおいをチェックしておくと排卵日の予想を立てることができますよ。

精子の量を増やす

男の子になるY精子はX精子より数が2倍で、寿命が1日と短めです。
そこで、男性に3~5日禁欲をしてもらい、精子そのものの量を増やしましょう。

動きが早いのでX精子より、いち早く子宮にたどり着く数を増やすというわけです。

女性がオーガズムを感じる

女性が性的刺激を受けてオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液がより分泌され、膣内の酸性がさらに中和されます。
そうなると、男子になるY精子が動きやすい環境になり優位となるのです。

女性にとって気持ちのいい性交を目指すことで、男の子が産まれやすくなります。

体位を工夫する

正常位

男性が上で女性が下になった体勢。
自然に向き合った形で、女性は少しヒザを曲げると奥まで挿入しやすくなります。

 

騎乗位

女性が男性の上にまたがります。
両足を軽く曲げて女性はうつ伏せになり、両手で体重を支えましょう。
自然と挿入が深くなる体位です。

肘膝位

男性は中腰に、女性はうつ伏せの姿勢でヒザを立てて腰を突き出します。
挿入深度の調整がしやすいためしっかりと挿れる事ができます。

産み分けゼリーを使う

引用:©http://baby-support.jp

妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】
13,800円(税抜き)/7本

衛生的にも安心で簡単に使えると人気のベイビーサポート。
たっぷり4.5mlのゼリーだから使いやすいと評判!

男の子用もpH7.5~8と弱酸性だからデリケートな方でも安心◎

さらにおめでた返金キャンペーンもあり、2箱・3箱おまとめコースで購入して妊娠された方で、未開封のベイビーサポートがあれば1本1,000円で買取をしてくれるんです!
ベイビーサポートは単品購入で1本あたり1,971円、2箱おまとめコースで一本あたり1,577円、3箱おまとめコースで1,380円となっています。

2箱、3箱おまとめコースで購入すればとってもおトクで、しかも余った場合は一本1,000円で買い取ってくれるから安心!
買い取られたものは製品改善のための研究に使われるので使い回される心配もありません。

産み分けをする時の男性の誘い方

引用:©unsplash.com

まずは産み分けをしたい旨をきちんと話し合いましょう。
話し合う時は相手の意見もちゃんと聞くことが大切です。

将来を考えて、ファミリーバランシングを考えて…パートナーにとっても様々な理由があると思います。
自分と理想の性別とは違うからといって頭ごなしに否定するのはやめましょう。

また、パートナーが産み分けに積極的でない時は具体的な理由を用意してから説得をしましょう。
男性は特に理屈や筋が通っている話でないと納得しません。
「かわいいから」とか「育ててみたいから」なんて感覚的な理由ではなく、しっかりとした理由があって産み分けに取り組みたいということを伝えてみて下さい。

まとめ

生まれたての赤ちゃんのイメージ

産み分けの成功率を上げる前に、そもそそも妊娠することは思っている以上に難しく、奇跡に近いということを忘れずに臨みましょう。

男の子が欲しい!女の子が欲しい!と希望はあると思いますが、赤ちゃんを授かれるというのはそれだけで素晴らしいことなのです。

産み分けはあくまでも確率を上げる方法であり、必ずしも成功するわけではありません。

もしも希望通りいかなくても大切な子供には変わりないのです。

笑顔で赤ちゃんを迎えてあげられるよう、事前に夫婦で話し合いをして気持ちをひとつに取り組めるといいですね。

サプリメント管理士おすすめの妊活サプリ

サプリメントでもっとも注目するべき「桶の法則」。
必要な栄養素を過不足なく含有することが、もっとも重要なポイントなんです。

生命が誕生し、生きていくために必要不可欠な栄養素「ビタミン」。
それらを各種を配合し、ミネラルやアミノ酸を加えることで高い吸収率も期待できます。

多数の妊活メディアでNo.1を獲得した、もっとも選ばれている妊活専用サプリメント「マカナ」。

効果に期待する人にこそ、おすすめのアイテムです。


妊活サプリ【マカナ】の公式ページへ

SNSでもご購読できます。