40代の妊娠・出産の確率とリスクを知ってきちんと向き合おう

40代で自然妊娠する確率はどのくらい?

引用:©unsplash.com

妊娠するならできるだけ自然妊娠をしたい、と望む人も多いと思います。
しかし、年齢が上がるにつれて自然妊娠したくても出来ない場合があるんです。

そもそも自然妊娠とは、産婦人科などで不妊治療を一切受けずに、一般的な夫婦生活を営むことによって妊娠することです。
もちろん、下記のような自分でできる妊活で赤ちゃんを授かった場合も、自然分娩となります。

  • 基礎体温を測り、排卵日を予測
  • 妊活サプリを飲む
  • 食事療法で体質改善する

これらの方法は、時間的にも金銭的にも、負担が少なく、男女ともにストレスをあまり感じないでできる妊活です。
妊活には欠かせないサポートアイテム、「妊活サプリ」はメディアに取り上げられたものもあり、馴染みのあるものとなりました。

でも40代で本当に自然妊娠出来るのか不安だという人も多いのではないでしょうか。
できるなら自然妊娠をパートナー共に望んでいるというカップルも多いかと思われます。

20代に比べて40代はどのくらいの確率で自然妊娠出来るのか、妊活に取り掛かる前に一度チェックしておきましょう。

年齢 一周期での自然妊娠確率
25歳 30-25%
30歳 30-25%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%

グラフを見ても分かるように、自然妊娠の確率は30歳を過ぎてから急激に下がります。
これは卵子や精子の老化なども影響してきます。

病気ではないので、卵子や精子が老化すると元の新鮮なものに戻ることはほとんどないそうです。
不妊の原因となる病気だけでなく、健やかな卵子や精子を保つためにも日頃の生活習慣や食生活はとても重要となってきます。

体外受精での年齢別妊娠確率

引用:©unsplash.com

40代を超えると自然妊娠の確率は5%~1%ととてもシビアになります。
そのため自然妊娠から体外受精など新たな妊娠方法を試す人も少なくありません。

しかし、体外受精をするからといって必ず妊娠出来るわけではありません。
実は体外受精も年齢によって妊娠率が変化するのです。

体外受精はなんと30を越えてから妊娠率が下がっていき、37歳以降は大幅に下降していきます。
40歳では25%ほどですが、45歳になる頃にはおよそ6%と10%を切ってしまう妊娠率に。

特に40代以降は体外受精でも妊娠しにくく、さらにたった5年で10%未満まで落ちてしまうことがわかります。
また、これはあくまで妊娠率に過ぎません。
妊娠してからちゃんと出産した方の割合は妊娠率よりもさらに低くなってしまいます。

40代からの妊娠で産み分けは出来るの?

引用:©unsplash.com

男の子が欲しい、女の子が欲しいと希望がある方も多いでしょう。
妊活と同時に産み分けもしたいけど、高齢でもそれが出来るのか不安な方もイルのではないでしょうか。

40代の妊娠で産み分けができないというわけではありません。
しかし、産み分け方法によっては妊娠すること自体が難しくなることがあります。
詳しくは産み分け方法を解説した記事を御覧ください。

40代の卵子の数と老化

引用:©unsplash.com

なぜ30代、40代と歳を重ねるに連れて妊娠や出産する確率が低くなってしまうのでしょうか。
不妊の原因となる病気の割合が年々高くなるから…というわけではありません。

実は歳を重ねるにつれて変化する卵子の数や質が影響してきます。

35歳以降から徐々に減る卵子の数

引用:©unsplash.com

女性が持つ卵子の数には限りがあります。
赤ちゃんの時に200万個ほどあった原子卵胞は、加齢とともにどんどん減っていきます。
初経を迎える10代では30万個あり、その後は生理の度に数400個単位で減少します。
そうして卵子は35歳になると1~3万個まで減ってしまいます。

妊活ではひとつの大きな区切りを35歳としています。
妊娠の確率が35歳頃から一気に減少していくのもこの卵子の数の現象も影響してきます。

1万個もあるなら充分なのでは?と思われるかも知れませんが、沢山ある卵胞の中から選りすぐられた優秀な1個の卵子だけが排卵されます。

20代の頃はより多くの卵子から優れた卵子を排卵することができましたが、年齢を重ねるにつれて以前よりも少ない卵子の中から排卵されます。
よって20代の頃よりも卵子の質は格段に下がってしまうと言われているのです。

40代ではかなり減少している卵子には、ダイエットなどは禁物です。
体脂肪率の低下や、ビタミンD不足で卵子は減少していまいます。

年齢を重ねる毎に衰える卵子の質

引用:©unsplash.com

自分自身が老いていくのと同時に、作られる卵胞も歳を重ねるごとに老化していきます。

といっても、見た目がしわしわになったり新鮮でないわけではありません。
卵子の老化により、受精しなかったり胚にならなかったりと卵子としての機能が低下してしまうのです。
さらに染色体異常をもった卵子が多くなることもあるそうです。
染色体異常の卵子だと妊娠しても自然流産になる確率が高くなり、自然流産全体の94%が染色体異常の卵子だと言われています。

そのため高齢になるにつれて受精しにくくなり、妊娠したとしても自然流産になる確率が高くなってしまうのです。

卵子の老化を元に戻すことはほぼ不可能だと言われていますが、日常の生活習慣や食生活を見直すことで、卵巣の老化の速度を緩和することができます。

年々増加する40代の出産の割合

引用:©unsplash.com

40歳からの妊娠・出産はリスクが高いと言われていますが、それで諦める必要はありません。
現状から言うと、昔に比べて35歳からの出産率が高くなってきているのです。

実際に昔と今を比べて、どのくらい高齢出産が増えてきているのかを見ていきましょう!

出産数割合 20-24歳 25-29歳 30-34歳 35-39歳 40-44歳 45-49歳
1930年 26.3% 27.7% 20.9% 13.4% 5.5% 0.79%
2000年 13.6% 39.5% 33.3% 10.6% 1.2% 0.03%
2013年 8.9% 27.5% 35.5% 22.3% 4.5% 0.11%

参照:高齢出産

1930年は20代が一番出産数が多いことが分かりますよね。
しかし2000年に突入してから20代と30代の出産数に差が出なくなってきています。

また、グラフを見ると分かるように、2000年以降は20代の出産率が大幅に減り、30代の出産率が高くなってきています。
35-39歳、40-44歳の出産率も2013年には上昇傾向にあることが分かりますね。

実は日本産科婦人科学会では、高齢出産を35歳以上の初産婦と定義付けをしています。
1993年以前は、30歳以上としていましたが、年々30歳以上の妊娠が増えてきたことと、世界の基準(WHO)に合わせた形になりました。

そう考えると、2000年以降は20代と30代の出産割合が逆転し、出産する年齢層が逆転していっている事がわかります。

引用:©www8.cao.go.jp

また、第一子から第三子までの平均出生時年齢の差が、1975年には4.6歳あったのに対し、2014年には2.8歳となっています。

初婚年齢が高くなるに連れ、第一子(初産)の出産年齢が高くなっても、妊娠の確率の面から、急いで第二子、第三子を設けるパターンになっているようです。

高齢妊娠・出産において気をつけておくこと

引用:©unsplash.com

卵子の老化により、受精だけでなく妊娠してからの流産の確率が高くなることがわかりました。
実際、受精に成功したものの流産をしてしまったという方は多いようです。

また、高齢妊娠や出産において懸念されるのは流産だけではありません。
その他にどのようなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

40代以上の流産の確率と妊娠初期の注意点

引用:©unsplash.com

 年齢 年齢別流産確率
25歳 10%
30歳 10%
35歳 25%
40歳 40%
45歳 50%

35歳を過ぎたあたりから流産の確率が高くなっていきます。
40歳では40%、45歳ではなんと50%と格段に確率があがっています。

流産の予防は、まずできるだけ早く妊娠を把握すること。
受精から着床、胎盤ができるまでの約14~15週目までは特に流産のリスクが高く、注意しなくてはなりません。

高齢妊娠初期の注意点

  • 仕事や家事での過労を避け、十分な休養と睡眠をとる。
  • かぜ、下痢、便秘などの体調不良に注意する。
  • 精神的にもストレスをためず、ゆったりした気分で過ごす。
  • なるべく重いものを持たない。
  • 長時間の立ち仕事は避ける。電車やバスでは特に注意。
  • 階段に注意。エレベーターなどを活用する。
  • できれば性生活は避け、激しい行為をしない。
  • 勤務先への理解を求め、内容変更・勤務時間の変更も考える。
  • 体を冷やす食べ物や、水泳なども控える。

高齢出産はダウン症発症率が高くなる

引用:©unsplash.com

年齢 ダウン症発症率
20歳 0.05%
30歳 0.10%
40歳 0.94%
45歳 3.33%

参照:Down Syndrome Risk by Maternal Age-semilog.svg

実は高齢出産では、胎児へのリスクも高まります。

染色体異常は流産の危険性だけでなく、ダウン症の赤ちゃんが生まれる心配もあります。
こちらのダウン症の発症率はアメリカでの集計にはなりますが、20歳は1,667人に1人に対し40歳では106人に1人、さらに45歳になると30人に1人の確率でダウン症が発症するといわれています。

また、遺伝子異常はダウン症だけでなく心臓の変形などの重い障害を患い、生後間もなく90%の確率で亡くなってしまうエドワーズ症候群やパトー症候群等があります。
高齢で妊活をするのであれば胎児への影響、出産して終わりではないことも知っておかなければなりません。

高齢妊娠は妊婦への体の負担が大きい

引用:©unsplash.com

 

高齢妊娠により、女性本人への影響も心配されます。
命に関わるようなリスクもあるので注意が必要です

  • 妊娠高血圧症候群
    40歳以上で発症のリスクが高い
  • 妊娠糖尿病
    35歳以上で発症のリスクが高い

妊娠高血圧症候群とは

引用:©unsplash.com

何らかの原因で高血圧になったり、高血圧に加えて蛋白尿が出てしまう病気を総称して言います。

実はこの妊娠高血圧症候群は約20人に1人の割合で発症すると言われます。
妊娠32週未満で発症した場合には、特に重症化する確率も上がるので、注意が必要です。

妊娠高血圧症候群の主な症状は

  • 血圧上昇
  • 蛋白尿
  • けいれん発作(子癇)
  • 脳出血
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 肝機能障害
  • HELLP症候群

などがあります。

また、母体だけでなく、赤ちゃんに悪影響を及ぼし、胎児発育不全・常位胎盤早期剥離・胎児機能不全、胎児死亡など、直接命にかかわるケースもあります。

妊娠高血圧症候群になりやすい人

  • 15歳以下または40歳以上である
  • 肥満である
  • 高血圧、甲状腺機能障害、糖尿病等の合併症を持っている
  • 妊娠が初めてである

このように40代以上は妊娠高血圧症候群になりやすいとされているんです。
さらに肥満の方、合併症を持っている方は注意が必要です。

治療は重症度によって変わってきます。
重症であれば入院が必要となるのですが、軽症の場合は経過観察となるケースもあります。
ただ症状が悪化し、母体の状況が危ない場合は妊娠を中断する場合もあるのです。

完全に予防する方法はないのですが、肥満や高血圧は症状を引き起こす原因の一つと考えられているため、日頃から健康管理や体重維持をしておきましょう。

参考:妊娠高血圧症候群とは?原因と症状、治療・予防法は?入院は必要?

妊娠糖尿病とは

引用:©unsplash.com

以前から糖尿病と診断されているものではなく妊娠中に初めて見つかり、妊娠の影響によって発症するものです。
これは今まで糖尿病とは縁がなかった人でも発症するといわれています。

主な妊娠糖尿病の症状として、

  • 羊水量の異常
  • 肩甲難産
  • 網膜症
  • 腎症
  • 流産
  • 早産

が上げられます。
さらに合併症として妊娠高血圧症なども引き起こすため、母体への影響が大きくなってしまいます。

妊娠糖尿病になりやすい人

  • 糖尿病の家族や親族がいる
  • 肥満である
  • 妊娠中に体重が急増した
  • 35歳以上である
  • 巨大児を出産した経験がある
  • 尿糖で頻繁に陽性が出ていた
  • 尿検査で頻繁に尿糖陽性が出る

高齢妊娠は通常より発症確率がグンと上がるそうです。

さらに、赤ちゃんへの悪影響として、流産・形態異常・巨大児・心臓肥大・低血糖・多血症・電解質異常・黄疸・胎児死亡など、直接命にかかわってくることも多いのが現状です。

新たな合併症を防ぐためにも発症後は入院することが必要となります。
妊娠中は激しい運動が出来ないので、食事療法で対応することになります。

症状によっては、赤ちゃんには悪影響が出ない程度のインスリン注射を行い、妊娠が進むにつれ量は増えるものの、出産後には改善していきます。

一度、妊娠糖尿病を経験した人は、普通の人の約7倍の高確率で糖尿病になるといわれていますので、出産後も定期検診などで十分注意が必要です。

このように、高齢妊娠は新たな病気の引き金になることもあります。

参考:妊娠糖尿病とは?原因や症状、治療法は?入院は必要なの?

 

高齢出産では分娩時のリスクが高くなる

引用:©unsplash.com

35歳以上になると、妊活での妊娠のしにくさ、妊娠時のリスクだけではなく分娩時もトラブルが多くなってくることを知っておかなければなりません。
具体的にどのようなトラブルや危険性が潜んでいるのでしょうか。

早産

妊娠後36週以内に出産すると、赤ちゃんは未熟児で生まれてくることになります。
早産の兆候としてはお腹の張り、痛み、性器出血、破水などがあります。
早産による赤ちゃんへの影響は呼吸器関係の合併症や子宮内感染による病気等を発症するおそれがあります。

また、早産は22週~36週の間に生まれてくることを言いますが、今にも早産する寸前の状態である切迫早産と診断される場合は早産にならないように産科での治療が必要となります。

難産

産道や子宮口が上手く開かず陣痛が長引くと、赤ちゃんが低酸素状態になってしまうことがあります。

陣痛促進剤や帝王切開などの判断が遅れてしまうことで赤ちゃんが呼吸が出来ずに胎児仮死や呼吸障害を引き起こすこともあります。
お産自体に時間がかかり、母子ともに危険が伴うパターンが多く見られます。

出血多量

出血量には個人差はあるものの、帝王切開では出血量が多くなってしまいます。
高齢出産の場合子宮の収縮がスムーズに行かず、出血多量の原因になる場合があります。

事前に出血が予想される場合は出産前に自分の血液を採取しておく自己血輸血をしてリスクに対する準備をしておきましょう。

 

高齢出産後のリスク

引用:©unsplash.com

やっと高齢妊娠・出産のリスクから開放されたと思ったら、実は出産後の問題も多いと言われています。

出産後は、お母さんの体は妊娠前の体調に戻ろうとします。
ホルモンのバランスが大きく崩れ、個人差はあるものの長い人は2年近くも体調不良に悩まされることもあります。
高齢出産の場合には体力の回復も遅いため、本格的に寝込んでしまう人もいます。

産後抜け毛

ホルモンバランスか崩れていることが原因ですが、食生活を整えたり生活習慣を正すことで抜け毛が収まるそうです。
しかし年齢が高くなると髪の老化も相まってそのまま髪やせしてしまう可能性があります。

産後うつ病

産後うつ病は年齢は関係なく誰でもその可能性はあります。
うつ病は、真面目で責任感が強く、努力家な性格の人が発症しやすいと言われます。
高齢出産の方は、今まで仕事をしてきた人が多いため、その責任感の強さから、「しっかりしなくちゃ」と理想の育児を自分で課してしまい、結果うつ病の発症につながりやすくなってしまうそうです。

腰椎圧迫骨折

赤ちゃんは母親の骨のカルシウムを利用して自身の骨を作っていきます。
そのため、カルシウムをしっかりと摂っておかないと妊娠後骨粗しょう症になる恐れがあります。
妊娠中にはカルシウム不足になり、加齢とともにカルシウム吸収率も低下していきます。

妊娠中にカルシウムを摂取するには遅く、妊活中などに積極的にカルシウムを摂る必要があるのです。

出産後の養生

引用:©unsplash.com

産後の養生は、産後1ヶ月程度は安静にした状態とされます。
ずっと寝たきりというわけではなく、2週間頃まではゆっくりと安静に過ごし、徐々に3週間前後で家事や仕事を始めて、1ヶ月程で無理をしない今までの日常生活に戻ると良いでしょう。

40代でも妊娠・出産に成功した人はたくさんいる!

引用:©unsplash.com

高齢妊娠や出産のリスクを考えると、気が引けてしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし、40代からの妊娠でも成功した方は大勢おり、高齢であることのリスクを考えて妊娠を諦める必要はありません。
ただ、リスクを知っておくことで無知である時に比べて適切な対処を取りやすくなるので、あらゆる妊活のリスクは知っておくべきでしょう。

ではそのようなリスクをかいくぐって成功した40代の妊娠・出産の秘訣は一体何なのでしょうか。

リスクだけを考えないのが大事

リスクだけを考えない
晩婚者
2013年5月11日 22:55
「授からないかもしれない事」は覚悟をしてください。
治療をするにしても、費用で区切るか 年齢で区切るか 回数で区切るか 「諦める時期」を決めておきましょう。
でないと、産み育てる目的が、妊娠することだけが目的になりかねないから

高齢だと確かにリスクは高い。 しかし、リスクに囚われない方が良いです。
もちろん、妊娠に関する知識もリスクも理解していることは、必要だと思います。
でも、年齢以上に個人差も大きいです。母乳の出も年齢で決まるわけではありません。

先ずは、妊娠に限らず生活習慣で見直すべきところを正しましょう。
バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活ができていますか?
そして、風疹の予防接種は済んでいますか? 中学の時受けましたが、私は8倍しか抗体値がありませんでした。

私は晩婚で、ダメ元だったんですが、有難くも2人授かりました。
妊娠出産時も、年齢を理由に病院で何か言われたことはなかったですね。
確かに「もう少し若ければ」と思わなくもないですが、何とか頑張れています。
周囲にも「これ手伝って、助けて」ってお願いしまくりです。

気負わず、頑張ってください。

高齢妊娠出産に向けて今からやっておいた方が良いこと/発言小町

リスクばかり考えず、自分に出来ることから初めていくことが大切。
病院では年齢を理由に何かを言われるということは無かったそうです。

また、人に頼るということも大切。
頼るのを忘れているとどんどんストレスが溜まって、結果的に妊娠しにくい体になってしまうことも。

流産を繰り返しても諦める必要はない

可能性は十分です
ぴーちゃん
2018年3月16日 10:26
オアフさん

私は、40~41歳で自然妊娠→初期流産(8週~10週)を2回した段階で、
不育症専門医へ行って検査をし、結果、第12因子の活性が低いこと分かりました。
それで、3度目の妊娠から治療をしました。
残念ながら、3度目の妊娠も9週で終わってしまいましたが、
4度目の妊娠では治療のステップを上げて、42歳で無事に第一子を出産しました。
私の場合は4度とも自然妊娠でしたが、不妊治療から不育症治療へと繋げて
無事に出産した仲間もいます。
同じ病気の仲間には、私のように40過ぎて出産にたどり着いた人が複数いますよ。

また、ご存じだとは思いますが、「不育症」の専門医と普通の産科医では
全く情報量が違います。
例え検査まで数ヶ月待ったとしても、専門医による検査をお勧めします。
結果的に、そのほうが近道だからです。

あとは、たくさん、たくさん、楽しいことをして元気に過ごしてください!
お空にかえった子たちも、お母さんが泣いていると、悲しくなっちゃいますよ!
そして、次の子が、神様にあなたのお腹に送られるのをじっと待っているはずです。
「もう行ってもいいかな?」「いや、もうちょっと待ちなさい」とか言いながら。

応援しています!

流産を繰り返した後に無事出産した40代の方いますか/発言小町

不育症というのは、流産・死産・新生児死亡等を繰り返し、なかなか子供を持てない場合のことを言います。
流産を繰り返している場合は不育症の場合も考えられます。
この方は不育症の専門医に相談することで出産にたどり着いたそうです。

不育症の専門医と通常の産婦人科では知識量が断然違うそうなので、もし流産を経験したことがある方は不育症の専門医に相談してみるといいかも知れません。

子供がダウン症でもサポートを受けることができる

娘が大大大好きですよ*\(^o^)/*もうめちゃめちゃ可愛くて仕方ないです!!!来週5ヶ月になりますが首据わりはまだ8割しか完成してません!成長はやはりゆっくりですが、本当に本当に可愛くてプニプニで、寝てしまうと「早く起きないかな〜」なんて思ったりしてます(笑)早くあったかくなってお散歩とかして連れ回したいです☆
特徴的な顔つきではありますが、その顔つきに愛おしさを見出しています。1ヶ月前くらいから徐々に笑うようになってきて最近ではケラケラ声を出して笑います!キュン死にしそうになります!

また、市内のダウン症の集まりにも月1で参加しています。同じくらいの年齢の子とお友達になれるし、親同士の情報交換などもできます。私は先輩ママさんに成長過程やら、街医者の紹介やらなんでも聞いてます!やはり、親御さんの年齢層は高めになりますので、とっても頼れる先輩ばかりです。
市の保健師さんなども主様をしっかりサポートしてくださると思います。障害児に対しては様々なサポートがありますよ。困ったらなんでも聞いてみてくださいね。

出産したらダウン症児だった/ヤフー知恵袋

こちらは出産後子供がダウン症児だった方の不安な気持ちに対するベストアンサーになります。
ダウン症と診断されると母親はしっかりと愛することができるのか、将来どう育てていけば良いのかと不安な気持ちがあふれてしまいます。

ベストアンサーで回答されている方は25歳で出産したにもかかわらず子供がダウン症児だったそうです。
当時は不安から泣いてしまうことも多かったそうですが、現在はこの回答からも分かるようにお子さんをしっかりと愛されている様子。

ダウン症と診断された場合一人で抱え込むよりも、市内の集まりなどに参加して育児のアドバイスを受けることで心の負担を軽くすることが出来ます。
何か合った時に頼れる方がいることも心強いですよね。

40代からの妊娠はサプリでサポート!

40代から妊活を始めるにあたって必要不可欠になってくるのがサプリでのサポート。
でもサプリといっても通常のサプリではなく、40代に向けたものはないのかと探している方も多いのではないでしょうか。

実は40代からの妊活でとても最適なサプリがあるんです!!
それが夫婦で飲める「ミトコリン」というサプリ。

引用:©http://www.jbh-corp.com

お試し単品コース 18,333円(税抜)
毎月お届けコース 15,000円(税抜)

ミトコリンは年齢と共に減少し傷ついてくるミトコンドリアの質を上げることで卵子と精子をいきいきとさせるます。
卵子や精子の老化もサポートしてくれるため、高齢妊娠になる方にも最適なサプリメントなんです!

東京医科大学医学総合研究所教授の中島利博博士が開発した遺伝子レベルでケアできるサプリ。
どうしても他のサプリでは効果が感じられないという方にもおすすめです。

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン

マタニティーマークで赤ちゃんを守ろう

引用:©www.mhlw.go.jp

高齢になればなるほど出産後のリスクと関係性も高くなることもありますが、一方で授かり無事出産した方もいらっしゃいます。

40代と高齢ながらも授かった命を守るためにもマタニティマークを利用しましょう。
マタニティマークを使用した個人用のグッズは各市町村で配布されており、色々取扱が増えてきました。

  • キーホルダー
  • ストラップ
  • バッジ
  • マーク入りシール
  • ステッカー
  • マグネット

詳しくはお住いの市町村へお問い合わせください。

この記事にコメントする

メールアドレスは非公開です。




*