夫婦揃ってレッツ妊活!男性に大事な栄養素とおすすめの妊活サプリを紹介します。

夫婦で協力する妊活

カップルの仲がいいイメージ

今や夫婦一緒に協力する妊活が主流になりつつあります。

日清食品株式会社が、初めての赤ちゃんが欲しい30代男女の意識調査を行い、「あなたは子どもを授かるために妊活は必要だと思いますか?」という質問に対して女性の97%、男性の91%が「必要だと思う」という結果が出ています。
イマドキ夫婦の妊活は二人で一緒にがポイントとなっているようです。

引用:©prtimes.jp

この調査から、男性も妊活に対しての意識が高まってきている事がわかりますが、他人事と思っている男性もまだまだ少なくないのではないでしょうか。

妊活は、女性一人だけ頑張っても、男性一人だけ頑張ってもそう簡単に思い通りの効果は出ない物です。
男性もしっかりと協力した妊活を行うと、女性の安心感へとつながり精神的に安定するので、女性ホルモンの正常な分泌にも関わってきます。
そのため、男性の妊活に対しての意識も大切なのです。

そこで今回は、女性の妊活と男性の妊活それぞれで妊娠力の高まる大事な栄養素も異っている点に注目しました。
男性が妊娠力アップする食材やおすすめの男性妊活サプリを紹介します。

不妊原因は男性にもあり

男性が喫煙しているイメージ

不妊原因の48%は、男性に問題があることがWHO(世界保健機構)による調査でわかっています。
つまり、妊活に励んでいても不妊に悩む約半数のカップルは、不妊治療が必要ということが考えられます。

その不妊原因とは、約8~9割が「造精機能障害」という精子や精液の問題で原因を起こしていたり、100人に1人の無精子症が原因と言われているのです。

夫に強要したくない、気を遣わせたくない、という女性や男性側に根拠のない自信や妙なプライドが邪魔して不妊検査に踏み込めないカップルが中にはいるかもしれませんが、女性だけではなく、夫婦揃って不妊検査を受けることが大切です。

男性が妊活でやるべき事

ペンでやるべき事をチェックしているイメージ

男性が妊活でやるべき事とは、精子の質を守ることが妊娠への近道のポイントです。

いったい質を守るためにできる事とは、どんなことでしょうか。

喫煙・飲酒を控える

お酒を飲んでいるイメージ

タバコの煙に含まれる「過酸化水素」が原因です。

過酸化水素は細胞を酸化させる働きがあり、酸化によって細胞を老化させてしまうのです。

細胞の老化が進むと、もちろん精子の質も下がってしまい、特に精子の運動率に影響を与えてしまうのです。

これを機にパパになるためにも禁煙のチャンスかもしれませんよ!

また、度を過ぎた飲酒も精子に悪影響です。

ストレス発散程度の適度な飲酒を心がけましょう。

熱に気をつける

お風呂のイメージ

精巣は熱に弱いと言われています。

熱いお風呂や長風呂、サウナなどにも気をつけ、ぬるめのシャワーで済ませる入浴法もやってみてはいかがでしょうか。

下着も風通しの良いトランクスを着用するのが質を守るコツのようですよ。

太り過ぎない

体重測定のイメージ

これまで憶測にしかなかった不妊の原因とも言われる男性の肥満。

太っている男性のホルモンバランスが崩れがちであることや太る原因となった食生活が精子にも影響を与えている可能性があるようです。

また、精子は熱に弱いと先程も紹介したように、精巣の周囲についた脂肪で過剰な熱が加わり質が下がってしまうことが考えられます。

その他にも肥満男性の精子は量が少なく異常なものが多いということが研究で明らかになっていたり、遺伝子損傷との関連も強いと言われています。

遺伝子損傷の精子で妊娠が成立すると、生まれてくる赤ちゃんは何らかの障害を持っている確率が高くなってしまいますよね。

まずは、健康的な体重を維持するように心がけましょう。

男性が妊娠力アップする栄養素

栄養が」豊富な野菜のイメージ

妊活をする上で女性と同じく、男性も食事改善は大切です。

男性の妊娠力が高まる栄養素とは、どんな食べ物に含まれているのか調べてみました。

亜鉛

亜鉛を含む牡蠣のイメージ

亜鉛は、セックスミネラルとも言われるほど生殖機能とも関連が深く、精子の形成に必要な栄養素です。
また、骨や皮膚の成長を促し、免疫力を高める人間にとって重要なミネラルなのです。

亜鉛が多く含くまれている食材は、魚介類では牡蠣、するめ、ほや。
肉類では、牛肉(牛肩ロース)、豚レバー、ビーフジャーキー。
その他にレンズ豆、そら豆、味付け海苔、パルメザンチーズやゴマなどになります。

亜鉛を摂取する際に注意しなければならないのが、アルコールやインスタントなどの加工食品を摂りすぎると、ミネラルと吸着する性質を持っているため、吸収を妨げる要因となります。

レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類や梅干しなどに含まれる酸味を感じる成分のクエン酸が、吸収の効率をあげてくれる食材なので食べ合わせとしておすすめです。

たんぱく質

たんぱく質を多く含む牛の赤身のステーキのイメージ

たんぱく質は、人の体の様々な部分を欠かせない栄養素であり、その中でもたんぱく質に含まれるアルギニンは、精子の主成分になり男性ホルモンの生成に欠かせない栄養素なのです。

たんぱく質の中でもアルギニンが豊富に含んでいる食材は、鶏肉・牛肉・豚肉・牛乳・卵・チーズ・マグロ・しらす・いわしなどの動物性たんぱく質の食材と大豆製品の豆腐、味噌、納豆など植物性たんぱく質の食材になります。

動物性たんぱく質を摂りすぎると太りやすくなりますので、植物性たんぱく質とバランスよく食事に取り入れましょう。

葉酸

葉酸を含むほうれん草のイメージ

妊活をする上で葉酸は男性に必要とされていることはあまり知られいませんよね。

実は、葉酸を摂取することで染色体異常の確率を低くする研究結果も出ており、精子の質を高めてくれることがわかってきています。
精子の質が良くなると、流産やダウン症のリスクが低減されるので、男性にも妊活中に大切な栄養素なのです。

葉酸は、緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれています。
野菜類では、緑が濃いほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、枝豆、ブロッコリー、かぼちゃ。
果物類では、ライチ、イチゴ、みかん、バナナ、キウイ、アボカド。
きのこ類では、エリンギ、まいたけ、えのき茸、しいたけ。

葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶け出しやすい性質があります。また、熱や光にも弱いため加熱する調理法、特に茹でたり煮たりすることで、食品の中に葉酸があまり残っていない状態で食べることになります。

ビタミンA・C・E

ビタミンCを含んでいる食材のイメージ

ビタミンA・C・Eには抗酸化作用が期待でき、精子の老化を防止するという点でおすすめの栄養素です。
ビタミンAには、精子が弱い活性酸素から体を守る働きがあり、ビタミンB・Cと一緒に摂取することで体の酸化を防ぐ効果が上がります。

3つのそれぞれのビタミンを多く含んでいる食材や飲料は、うなぎ、レバー、モロヘイヤ、にんじんなどにビタミンAが含まれており、ピーマン、ブロッコリー、アセロラ飲料、柿などにビタミンCが含まれています。
それから、ビタミンEを多く含んでいる食材は、アンコウ肝、カニ、かぼちゃ、アーモンドなどになっています。

ビタミンA・Eは、脂溶性ビタミンなので油で炒めたり、お肉と一緒に調理するといいでしょう。
また、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いという性質があるため、できるだけ生か蒸し物にして食べるか、短時間で加熱調理がおすすめです。

男性におすすめの妊活サプリ

サプリメントのボトルが並んでいるイメージ

妊活のために必要な栄養素をしっかり補給するためにサプリの摂取がおすすめです。

最近では男性の妊活サプリなどもたくさんあり、その中でも夫婦で一緒に飲めるサプリが人気となっています。

どんな妊活サプリが人気なのか、男性におすすめのサプリを紹介します。

マイシード

マイシードの商品イメージ
男性 妊活 サプリメント
1ヶ月分単品価格 11,980円(税別・送料無料)
定期購入初回50%オフ 5,980円(税別・送料無料)

男性の妊娠力を高める必要な3大栄養素をしっかり補給できるサプリです。

精子の質でお悩みの人におすすめ。

今なら、郵送精子検査(2回)がついてくる男性妊活スタートパックがお得です。

このセットならクリニックに行く手間が省けて、精液検査の結果を受け取れます。

ミトコリン

ミトコリンの商品イメージ
次世代型ミトコンドリアサプリ
1か月分単品購入 18,333円(税別・送料無料)
定期購入3,333円オフ→15,000円(税別・送料無料)

夫婦揃ってペア活をしている人のために様々な機能研究・活用法の開発を手がけている東京医学大学 中島利博教授が作ったという妊活サプリです。

遺伝子レベルでケアできる、最新技術に注目した次世代型とも言われているんですよ。

卵子や精子の質に着目され作られているので、夫婦で質をあげたいという人におすすめです。

ベルタ

ベルタの商品イメージ

【ベルタ葉酸サプリ】
お試し価格 5,980円(税込・送料無料)
夫婦定期便 5,980円(税込・送料無料)

今、葉酸サプリの中で一番売れているといわれている妊活サプリです。

ほぼ無添加、無香料の成分を使用されているので、それだけでも安心感がありますよね。

大幅にリニューアして、アミノ酸やビタミンE、ビタミン12と男性にも効果的な成分がちゃんと配合されているので、夫婦揃ってコスパ良く飲み続けられます。

男性パートナーに快く協力してもらうには

カップルが仲むつまじく肩を並べているイメージ

夫婦揃っての妊活が理想的ですが、非協力的な男性もまだまだ多いはずです。
男性が快く協力してもらうために、どんな事に気をつければいいのでしょうか。

排卵日

排卵日を知らせるカレンダーのイメージ

女性には、排卵日は月に一度しかありません。

排卵日の2日前からその当日ではないと、妊娠しにくいという事、この日が貴重な日であることを理解してもらうことが大切です。

また、男性は意外と繊細で、ダイレクトに「今日は排卵日だから」と伝えると、作業的に感じてしまい夫婦生活に気が向かなくなる傾向もあるようです。

授かりたいという二人の気持ちを再確認する

お互いの気持ちを確認しあうイメージ

妊活に夢中になりぎて、子供が欲しいという気持ちよりあれをしなきゃ、これをしなきゃと追われている状態になっていませんか?

なぜ妊活をしているのか、「子供が欲しい」というお互いの気持ちを再確認することも大事です。

夫に感謝の気持ちを忘れずに

感謝の気持ちを伝えるイメージ

夫の協力なしでは、妊娠は不可能です。

妊活以外にも言える事ですが日頃から感謝の気持ちを伝えましょう。

何に対しても家族だから当たり前になりがちで、「ありがとう」、「ごめんね」など、ねぎらいの言葉を忘れていませんか?

このような気持ちを言葉に変えて、相手に伝えるだけでも嬉しくなるものです。

ねぎらいの言葉は家族としても大切なコミュニケーションです。

是非やってみてくださいね。

男性にとっても「不妊」はショック

ショックでどんよりとしているイメージ

自分が「種無し」だと感じてショックを受ける方も多いようです。
相手が傷つかないよう、気をつけて打ち明けてみましょう。

ご自身(女性)とパートナーとの信頼関係が大切です。

まとめ

妊活を仲良く協力して取り組むカップルのイメージ

女性だけでなく、男性の妊活もとても大切です。

なかなか妊娠できないと気持ちが焦ったり、落ち込んだりモチベーションが不安定になってしまいます。

そうなってしまうと、あきらめてしまう気持ちが強くなってしまうかもしれませんが、あきらめる前に男性にもできることはたくさんあります。

夫婦で支え合い妊活を行うことで、妊娠の近道へとなるでしょう。