男性の妊活に大事な栄養素とおすすめの妊活サプリを紹介!夫婦で協力して成功率UP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

妊活に男性が積極的でない理由

カップルの仲がいいイメージ

妊活をする時、パートナーが妊活に賛成してくれるだろうか、一度断られたから協力してと言い出しづらい…。

という人も多いのではないでしょうか。
しかし、妊活は基本的に夫婦で協力しないとほとんどが成功しません。
一度断られても、諦めずにしっかりと理解してくれるまで話し合う必要があるのです。

ではなぜ男性は妊活に積極的でないのでしょうか。

そもそも妊活が必要なことを知らない

引用:©unsplash.com

そもそも男性はなぜ子供を作るのに急ぐ必要があるのかを知りません。
そのため、「子供が欲しい」といっても「まだ早い」「自然に妊娠することを望んでいる」と回答する人が多いようです。
このように、いずれ欲しいと考えていたとしても、30代以上が妊娠しづらくなることや高齢出産と言われると知らない人が多いんです。

断られたからといって「理解してくれない!」という考え方は早とちり。
男性側はただ単に妊活を急ぐ理由を知らないのです。
また、男性側にも不妊の原因があるかもしれないことさえ知らない人もいます。
そのため積極的になれず無関心な旦那もおり、しまいには妊活にかかるお金を出しさえすればいつか諦めると思っている人もいるんだとか。

まずは妊活が必要な理由、子供を作りたくてもなかなか作れないこともあることを具体的に説明しましょう。

仕事が忙しくて妊活どころではないから

引用:©unsplash.com

女性がキャリアを優先して晩婚化となっている現代、同じように男性も仕事を優先しがちな人も多くいます。
特に忙しくて疲れて帰ってきたところに今日が予定日だと告げられるのがとてもストレスになることもあるそうです。

男性の仕事が忙しい場合はしっかりと労りつつ、妊活に取り組む月を事前にスケジューリングしておくと良いでしょう。
無理強いしてしまうと逆に夫婦間の関係が悪くなってしまうこともあります。

「この月は忙しいから妊活はお休みして、仕事に余裕が出来る次の月に取り組もう」と、無理のない範囲で行うことが大切です。

実はそこまで子供を望んでいない

引用:©unsplash.com

妊活するほど子供は望んでいないという人も多いそうです。
子供が欲しいというよりも、奥さんの願いを叶えてあげたい、または奥さんが子供を欲しがるから仕方なく、という人もいます。

子供がほしい、と言って男性が「いいよ」と言ってもその口裏には「(君がそこまで言うなら)いいよ」が含まれていることがあります。

「いいよ」という返答イコール「子供が欲しい」というわけではないのです。
そのため子供が欲しいと強く願う女性と、それに引きずられて仕方なく了承した男性では妊活に対する考え方の差が開いてしまいます。

妙に妊活に積極的でない旦那にイライラして「あなたも子供が欲しいなら協力してよ!」と内心思ってしまうかもしれませんが、もうしかしたらそのような考え方の差が夫婦間であるかもしれません。

一度じっくり話し合って男性側が妊活に対してどう思っているのかをしっかりと聞くことが重要です。

プライドが邪魔をする

引用:©unsplash.com

プライドが高い男性は特に妊活には積極的ではないと言われています。
というのは、プライドが邪魔してしまうから。
女性に不妊の原因がある場合、女性は自分が原因で子供が出来ないことにショックを受けます。

対してプライドが高い男性は不妊の原因が自分にある場合、自分の尊厳が失われると思ってしまうのです。
つまり子供が出来ないショックよりも、自分に不妊の原因があることで自分のプライドが崩されることがイヤなのです。

そのため、プライドを守るために不妊検査をすることを嫌がったり、不妊治療に積極的でなかったりします。
それほど男性のメンタルは繊細で扱いづらいのです。

そのため、男性への説得を諦めて自分だけ不妊検査をするというのはNG!
不妊検査をしてもしあなたに異常がなかった時、男性に不妊の原因がある可能性が高くなりますよね。
そんな状況を伝えた上で不妊検査をしてと言っても、男性はプライドをズタズタにされるのを分かってて不妊検査をしようとは思いません。

子供が出来ないことよりもプライドを守ろうとする男性は妊活を理解させるのが難しいですが、一人で妊活すると「自分に黙って妊活をしていたこと」にも腹を立てることがあるので、必ず説得させた上で夫婦揃って不妊検査をしましょう。

イマドキ夫婦は妊活するのが主流!!

引用:©unsplash.com

プライドが邪魔して子供ができないなんて、女性側からしたらそんなちっぽけなプライドなんて捨てて子供のために妊活してよ!!と叫びたいところ。

でも実は近年夫婦一緒に協力する妊活が主流になりつつあります。
もし旦那さんがどうしても積極的にならない場合は、「妊活は男性も協力して当たり前のことなんだよ」と言うことを説明しましょう。

妊活は女性だけの問題ではないことを知ってもらうきっかけにもなります。
具体的にどれほどの男性が妊活について考えているのかチェックしておきましょう。

日清食品株式会社が、初めての赤ちゃんが欲しい30代男女の意識調査を行い、「あなたは子どもを授かるために妊活は必要だと思いますか?」という質問に対して女性の97%、男性の91%が「必要だと思う」という結果が出ています。
イマドキ夫婦の妊活は二人で一緒にが当たり前。

引用:©prtimes.jp

この調査から、男性も妊活に対しての意識が高まってきている事がわかりますね。

妊活は、女性一人だけ頑張っても、男性一人だけ頑張ってもそう簡単に思い通りの効果は出ないものです。
男性もしっかりと協力した妊活を行うと、女性の安心感へとつながり精神的に安定するので、女性ホルモンの正常な分泌にも関わってきます。

実際、妊活をした男性の話でも「クリニックに行く妻に同行するだけでも安心しているようだった。でも夫婦でするはずの妊活なのにクリニックにいるのは女性ばかりで不自然だった。(ホウドウキョク)」と言われていました。

妊活に積極的な男性にとっては、「男性が妊活に参加するのは当たり前」と感じるようです。
このことを「妊活は女性だけの問題」と勘違いしている男性にきちんと伝えなければなりません。

妊娠出来ないのは女性だけの問題ではない

男性が喫煙しているイメージ

夫婦で妊活をする理由は、妻へのストレスや負担をサポートするだけではありません。
男性にも不妊の原因があるのです。

不妊原因の48%は、男性に問題があることがWHO(世界保健機構)による調査でわかっています。
つまり、妊活に励んでいても不妊に悩む約半数のカップルは、不妊治療が必要ということが考えられます。

さらに、約8~9割が「造精機能障害」という精子や精液の問題をかかえていたり、男性のうち100人に1人が無精子症である言われています。

夫に強要したくない、気を遣わせたくない、という女性や男性の根拠のない自信や妙なプライドが邪魔して不妊検査に踏み込めないカップルがいるかもしれません。
しかし、女性だけではなく夫婦揃って不妊検査を受けることが大切です。

男性パートナーに妊活を協力してもらうには

カップルが仲むつまじく肩を並べているイメージ

妊活に協力的な男性を見ると、つい羨ましいと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
男性は積極的でなかったり、無関心を貫いたり、プライドが高かったりと妊活に誘うだけでも一苦労。

妊活をする上でストレスは大敵なのに、旦那の無関心さの所為で余計にストレスが溜まった!なんて人もいます。
しまいには妊活をしてくれないのを理由に離婚に踏み切る人も多いようです。

排卵日を事前に共有しておく

排卵日を知らせるカレンダーのイメージ

女性には、排卵日は月に一度しかありません。

排卵日の2日前からその当日ではないと、妊娠しにくいという事、この日が貴重な日であることを理解してもらうことが大切です。

また、男性は意外と繊細で、ダイレクトに「今日は排卵日だから」と伝えると、作業的に感じてしまい夫婦生活に気が向かなくなる傾向もあるようです。

当日に急に告げるよりも、事前にこの日が排卵日とお互いに情報を共有シておくといいでしょう。

「コウノトリ」という妊活アプリでは夫婦でアプリを共有出来ます。
是非アプリなどのアイテムを利用してお互いに妊活しやすい環境づくりをしましょう。

妊活アプリの関連記事

おすすめの妊活アプリ5選!

授かりたいという二人の気持ちを再確認する

お互いの気持ちを確認しあうイメージ

妊活に夢中になりぎて、子供が欲しいという気持ちよりあれをしなきゃ、これをしなきゃと追われている状態になっていませんか?

なぜ妊活をしているのか、「子供が欲しい」というお互いの気持ちを再確認することも大事です。

また何度も血液検査をして、血液検査後はいつも、腕がアザになって痛みます。
何で私ばっかり痛い思いをしなくてはいけないのか?
妊娠するために、体を冷やさないように腹巻や、温かい飲み物、栄養面ではマカや亜鉛、葉酸など、ありとあらゆるサプリを試し、お酒を飲まない、タバコを吸ってる人がいたら、副流煙を吸わないように息を止める!など、私ばっかり我慢したり頑張ってる。
頑張ることが辛くなりました。
そして夫はそんな私の努力を知らない。
「”排卵日に合わせて仕方なく”はやめよう」と話していたのに…妊活ストレスで離婚危機に-赤すぐ

妊活中は強いストレスから、夫への不信感も高まってしまうそうです。
子供を作るために協力してくれない=敵
とまで思ってしまうこともあるようです。

しかし男性側にも考えや思うことがあるはずです。
ストレスで逃げたくなるのをぐっとこらえて、旦那としっかりと向き合って話し合うことが大切です。

旦那へのねぎらいや感謝の気持ちを忘れずに

感謝の気持ちを伝えるイメージ

夫の協力なしでは、妊娠は不可能です。
妊活以外にも言える事ですが日頃から感謝の気持ちを伝えましょう。

何に対しても家族だから当たり前になりがちで、「ありがとう」、「ごめんね」など、ねぎらいの言葉を忘れていませんか?
このような気持ちを言葉に変えて、相手に伝えるだけでも嬉しくなるものです。

また、男性に不妊の原因がある場合、男性への精神的な負担はかなり大きいもの。
自分が「種無し」だと感じてショックを受ける方も多いようです。
病院に行ったあとはちゃんと努力を認めてあげること、ねぎらうことを忘れないようにしましょう。
しっかりとメンタル面でサポートすることで男性の妊活に対するモチベーションも上がります。

ねぎらいの言葉や感謝の言葉は家族としても大切なコミュニケーションですよ。
こうして気づきあげるパートナーとの信頼関係は妊活をする上で重要なことです。

男性を誘う時は作業感を出さない、強要しない

引用:©unsplash.com

男性を誘う時は強要をしないようにしましょう。
また、子作りのためと作業感を出すのもNG。
男性は快感目的の性行為には積極的だといいますが、子作りと考えると萎えてしまいがちなんだとか。

勃起薬を手に入れた浜川さんは、自発的に妊活を再スタート。妻に隠れてバイアグラを飲み、鬼に金棒とばかりに行為に挑んだ。

「効果は抜群でした。妻の機嫌も良くなったのですが、3か月続けても結果が出ず、また不穏な空気に。食卓には毎朝青汁が並び、くるみや松の実など“精子にいい”とされる豆類がご飯に入るようになりました。神棚には水天宮のお札や鬼子母神社のざくろの絵馬などが日に日に増えていき、一時は勃起薬を飲んでも中折れしてしまうほど精神的に追い詰められていきましたね」
妻の子作り強要にウンザリ…中折れ夫のツラい日々【男の妊活】

このようにしてストレス等を抱え込むことで、男性は心理的な要因で起こる勃起不全「心因性ED」になるおそれもあります。
性行為が出来なかったからと攻めたり、強要しすぎるのもNG。
プレッシャーを与えすぎないようにすることも大切です。

かといって何もアプローチせずにいると妊活自体できなくなります。

誘う時は子作りの為の性行為ではなく、いつもどおりピロートークなどを交わすなどしてムード作りをすることが大切です。
突発的に「今日は予定日だから」というと作業感を感じてしまうので、ムード作りも大切にしましょう。

YES・NO枕でアピール!

作業的になりたくない…でもどう言っていいか分からないという人もいるのではないでしょうか。
そんな人には「YES・NO枕」や「YES・NOパンツ」がおすすめ。

引用:©item.rakuten.co.jp

【あす楽対応】ハートLOVEクッション(LOVE PILLOW)
2,198円(税込)

どうしても恥ずかしい、なかなか自分の意見が言えないという人にはYES・NO枕を使ってみましょう。
ただ、購入する時は夫婦で検討してから買って下さい。
YES・NO枕が突然寝室に置かれていると逆にプレッシャーがかかる場合もあります。
パートナーと相談した上で利用してみて下さい!

引用:©item.rakuten.co.jp

YES・NO枕 ではなく 下着2枚セット
2,980円(税込)

男性側もNOと主張できるような環境を作ってあげるといいでしょう。
でも男性が怖いと思うのは、断った時に「子供欲しくないの?!」と責められること。
自分はそう言うつもりはないと思っていても、男性はぐっと我慢して半ば強制的に性行為をすることもあります。

YES・NOパンツなどで男性にも気軽に拒否出来るようにしておきましょう。

妊活で男性が気をつけておくこと

ペンでやるべき事をチェックしているイメージ

男性が妊活でやるべき事とは、精子の質を守ることが妊娠への近道のポイント。
もし男性側に不妊の原因がなかったとしても精子の質を保つことは重要です。

でも実際は、自分に不妊の原因がないと知るとあからさまに安心し、「あとは女性側の問題だから」と一切妊活に興味を示さなくなる男性もいます。

男性が妊活に対して了承したのなら、男性にも妊活で出来ることを伝えて上げて下さい。
精子の質をあげることでもより妊娠しやすくなりますよ◎

妊活中は喫煙・飲酒を控える

お酒を飲んでいるイメージ

タバコの煙に含まれる「過酸化水素」は妊活の妨げになる原因の一つ。
過酸化水素は細胞を酸化させる働きがあり、酸化によって細胞を老化させてしまうのです。

細胞の老化が進むと、もちろん精子の質も下がってしまい、特に精子の運動率に影響を与えてしまうのです。
今は精子に問題がなくても、喫煙を繰り返すことで徐々に精子の質が落ちていくこともあります。
男性に不妊の原因がなくても煙草は今すぐやめるべきでしょう。

熱に気をつける

お風呂のイメージ

精巣は熱に弱いと言われています。
熱いお風呂や長風呂、サウナ、こたつにも要注意!
ぬるめのシャワーで済ませる入浴法もやってみてはいかがでしょうか。

また、ヒザの上にパソコンを置いて作業をするのも精子の質を下げたり、精子の数が減る要因の一つ。
なるべく温めないように気をつけましょう。

下着も風通しの良いトランクスを着用するのが質を守るコツのようですよ。

太り過ぎない

体重測定のイメージ

これまで憶測にしかなかった不妊の原因とも言われる男性の肥満。

太っている男性のホルモンバランスが崩れがちであることや太る原因となった食生活が精子にも影響を与えている可能性があるようです。

また、精子は熱に弱いと先程も紹介したように、精巣の周囲についた脂肪で過剰な熱が加わり質が下がってしまうことが考えられます。

その他にも肥満男性の精子は量が少なく異常なものが多いということが研究で明らかになっていたり、遺伝子損傷との関連も強いと言われています。

遺伝子損傷の精子で妊娠が成立すると、生まれてくる赤ちゃんは何らかの障害を持っている確率が高くなってしまいますよね。

まずは、健康的な体重を維持するように心がけましょう。

圧迫しないようにする

引用:©unsplash.com

下腹部の圧迫は血行が悪くなてしまいます。
それにより充分に栄養が行き渡らず、精巣に影響を与えることもあるそうです。
なるべく下腹部を圧迫しないようにしましょう。

特に自転車やバイクで長時間乗るのはNG!!
何度か休憩をはさみ、下腹部を圧迫から開放するようにしましょう。

もし通勤などで自転車やバイクを使っているのであれば、妊活中はバスや車、電車などに通勤手段を変えると良いでしょう。

禁欲は実はNG?!

引用:©unsplash.com

男性の禁欲は実はしてはいけないと言われています。
昔は精子の数をたくさん溜めるためにも、禁欲期間を長くすることが妊娠へ繋がるのではないかと言われていました。
しかし近年では、精子の数よりも精子の質が大切だということが分かっています。

実はどれだけ禁欲期間が長かったとしても、古い精子は分解されて体内に吸収され、尿として排出されることがあるためそもそも「精子を溜める」ということが出来ません。
さらに一部分解されずに古い精子が残っていると、新しい精子を作る時の生成速度が遅くなり古い精子の割合が多くなってしまいます。

古い精子は劣化し、働きが悪くなってしまいます。
いざ予定日に放出しても、劣化した古い精子ばかりとなってしまうのです。

新鮮で新しい精子を常に保っておくためにも、適度に放出することが大切です。

男性が妊娠力アップする栄養素

栄養が」豊富な野菜のイメージ

妊活をする上で女性と同じく、男性も食事改善は大切です。
精子の質をあげるためにも、食生活の見直しをしていきましょう。

さらにスムーズに性行為をするためにも健康的な生活を送り、体調を良好に保っておくことが大切です。

亜鉛

亜鉛を含む牡蠣のイメージ

亜鉛は、セックスミネラルとも言われるほど生殖機能とも関連が深く、精子の形成に必要な栄養素です。
また、骨や皮膚の成長を促し、免疫力を高める人間にとって重要なミネラルなのです。

亜鉛が多く含くまれている食材は

  • 魚介類…牡蠣、するめ、ほや
  • 肉類…牛肉(牛肩ロース)、豚レバー、ビーフジャーキー
  • その他…レンズ豆、そら豆、味付け海苔、パルメザンチーズ、ゴマ

亜鉛を摂取する際に注意しなければならないのが、アルコールやインスタントなどの加工食品を摂りすぎると、ミネラルと吸着する性質を持っているため、吸収を妨げる要因となります。

レモンやグレープフルーツなどのかんきつ類や梅干しなどに含まれる酸味を感じる成分のクエン酸が、吸収の効率をあげてくれる食材なので食べ合わせとしておすすめです。

たんぱく質

たんぱく質を多く含む牛の赤身のステーキのイメージ

たんぱく質は、人の体の様々な部分を欠かせない栄養素であり、その中でもたんぱく質に含まれるアルギニンは、精子の主成分になり男性ホルモンの生成に欠かせない栄養素なのです。

たんぱく質の中でもアルギニンが豊富に含んでいる食材は、

  • 動物性タンパク質…鶏肉・牛肉・豚肉・牛乳・卵・チーズ・マグロ・しらす・いわし
  • 植物性たんぱく質…大豆製品(豆腐、味噌、納豆)

動物性たんぱく質を摂りすぎると太りやすくなりますので、植物性たんぱく質とバランスよく食事に取り入れましょう。

葉酸

葉酸を含むほうれん草のイメージ

妊活をする上で葉酸は男性に必要とされていることはあまり知られていませんよね。

実は、葉酸を摂取することで染色体異常の確率を低くする研究結果も出ており、精子の質を高めてくれることがわかってきています。
精子の質が良くなると、流産やダウン症のリスクが低減されるので、男性にも妊活中に大切な栄養素なのです。

葉酸は、緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれています。

  • 野菜類…ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、枝豆、ブロッコリー、かぼちゃ
  • 果物類…ライチ、イチゴ、みかん、バナナ、キウイ、アボカド
  • きのこ類…エリンギ、まいたけ、えのき茸、しいたけ

葉酸は水溶性ビタミンのため、水に溶け出しやすい性質があります。
また、熱や光にも弱いため加熱する調理法、特に茹でたり煮たりすることで、食品の中に葉酸があまり残っていない状態で食べることになります。

ビタミンA・C・E

ビタミンCを含んでいる食材のイメージ

ビタミンA・C・Eには抗酸化作用が期待でき、精子の老化を防止するという点でおすすめの栄養素です。
ビタミンAには、精子が弱い活性酸素から体を守る働きがあり、ビタミンB・Cと一緒に摂取することで体の酸化を防ぐ効果が上がります。

3つのそれぞれのビタミンを多く含んでいる食材や飲料は、

  • ビタミンA…うなぎ、レバー、モロヘイヤ、にんじん
  • ビタミンC…ピーマン、ブロッコリー、アセロラ飲料、柿
  • ビタミンE…アンコウ肝、カニ、かぼちゃ、アーモンド

ビタミンA・Eは、脂溶性ビタミンなので油で炒めたり、お肉と一緒に調理するといいでしょう。
また、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いという性質があるため、できるだけ生か蒸し物にして食べるか、短時間の加熱調理がおすすめです。

男性におすすめの妊活サプリ

サプリメントのボトルが並んでいるイメージ

妊活のために必要な栄養素をしっかり補給するためにサプリの摂取がおすすめです。
最近では男性の妊活サプリなどもたくさんあり、その中でも夫婦で一緒に飲めるサプリが人気となっています。

生活習慣や食生活を変えるのを嫌がる旦那さん、飲み会等が多くてなかなか妊活に取り組めない方でも手軽に取り組めると話題です。

どんな妊活サプリが人気なのか、男性におすすめのサプリを紹介します。

妊活サプリ「マイシード」で夫婦で妊活!

マイシードの商品イメージ

引用:©-

マイシード-亜鉛配合-
1ヶ月分単品価格 11,980円(税別・送料無料)
定期購入初回 50%OFF 5,980円(税別・送料無料)

精子の質でお悩みの方、精子の質を保ちたい方におすすめです。

マイシードは、男性の妊活に特化するために、妊活サプリメント業界の中では珍しく亜鉛・還元型コエンザイムQ10・ソイポリア(ポリアミン)の3大栄養素をたっぷり配合しているサプリメントです。

精子に必要な栄養素のなかで重要な亜鉛は体内では生成されないので、体外から摂取する必要があります。
他にも男性の妊活において必要不可欠な以下の栄養素もしっかりと配合。

  • 有機マカ
  • 葉酸
  • ビタミンA,C,E
  • ナイアシン

これらを毎日時間を決めて飲むだけで、妊活に向けての身体づくりが整っていくんです。
体内で精子がつくられ始めてから射精されるまでには、約3ヵ月という長い期間がかかります。
何事にも継続は大切で、最低でも3ヵ月間はサプリメントをのみ続けましょう。

今なら、郵送精子検査(2回)がついてくる男性妊活スタートパックがお得です。

このセットならクリニックに行く手間が省けて、精液検査の結果を受け取れます。
マイシード-亜鉛配合-の詳細はこちら

ペア妊活に欠かせないミトコンドリアのサプリ「ミトコリン」!

引用:©http://www.jbh-corp.com

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン
1か月分単品購入 18,333円(税別・送料無料)
定期購入 3,333円OFF 15,000円(税別・送料無料)

夫婦揃ってペア活をしている人のために様々な機能研究・活用法の開発を手がけている東京医学大学の中島利博教授が作った妊活サプリです。
遺伝子レベルでケアできる、最新技術に注目した次世代型とも言われているんですよ。

卵子や精子の質に着目され作られているので、夫婦で質をあげたいという人におすすめです。

夫婦で続けやすい人気NO.1の妊活サプリ「ベルタ」

引用:©belta-shop.jp


【ベルタ葉酸サプリ】
お試し価格 5,980円(税込・送料無料)
夫婦定期便 8,480円5,980円(税込・送料無料)

今、葉酸サプリの中で一番売れているといわれている妊活サプリです。

ほぼ無添加、無香料の成分を使用されているから安心!!
コスパも断然よくて続けやすく、夫婦用の定期便があるのも嬉しいポイント。

大幅にリニューアして、アミノ酸やビタミンE、ビタミン12と男性にも効果的な成分がちゃんと配合されているので、夫婦揃って飲み続けられます◎

妊活は男性にも必要不可欠

妊活を仲良く協力して取り組むカップルのイメージ

女性だけでなく、男性の妊活もとても大切です。

なかなか妊娠できないと気持ちが焦ったり、落ち込んだりモチベーションが不安定になってしまいます。

そうなってしまうと、あきらめてしまう気持ちが強くなってしまうかもしれませんが、あきらめる前に男性にもできることはたくさんあります。

夫婦で支え合い妊活を行うことで、妊娠の近道へとなるでしょう。

男性が妊活に積極的でないのは不倫しているからかも?!
まずは旦那の不倫をチェック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サプリメント管理士おすすめの妊活サプリ

サプリメントでもっとも注目するべき「桶の法則」。
必要な栄養素を過不足なく含有することが、もっとも重要なポイントなんです。

生命が誕生し、生きていくために必要不可欠な栄養素「ビタミン」。
それらを各種を配合し、ミネラルやアミノ酸を加えることで高い吸収率も期待できます。

多数の妊活メディアでNo.1を獲得した、もっとも選ばれている妊活専用サプリメント「マカナ」。

効果に期待する人にこそ、おすすめのアイテムです。


妊活サプリ【マカナ】の公式ページへ

SNSでもご購読できます。