【子宝祈願】日本にある子宝神社・妊活スポット一覧

人気の妊活神社ランキング

全国でも特に人気の高い妊活スポットです。御利益にあやかって日本中から参拝客が訪れているようです。

  1. 水天宮(すいてんぐう)/東京都(関東地方)
  2. 日枝神社(ひえじんじゃ)/東京都(関東地方)
  3. 菅原大神(すがわらたいじん)/千葉県(関東地方)
  4. 御胎内神社(おたいないじんじゃ)/静岡県(中部地方)
  5. 西野神社(にしのじんじゃ)/北海道(北海道地方)

妊活神社・妊活スポット(都道府県別)

全国の有名な妊活スポットを都道府県別にまとめています。

北海道地方

北海道

東北地方

青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県

関東地方

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

中部地方

新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県

近畿地方

三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県

中国地方

鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県

四国地方

徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県

九州・沖縄地方

福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

妊活神社・妊活スポットとは

日本は八百万神の国。
各地方で信仰されてきた子授け・子宝神社や、受胎にご利益があるという場所が存在します。
今風に言えばまさに「妊活スポット」ですね。

妊活でも科学的なプロセスが導入されている昨今に「神頼みなんて」ってお思いですか?
しかし、「子宝を授かる」と有名になった場所には、やはり何かしらの理由があると、私は思うのです。

気休めかもしれませんが、気分転換をして心身をリラックスさせるのも大事なことです。
都道府県別に調査を行いまとめましたので、お近くのスポットへ行ってみてはいかがでしょうか?

※その他の妊娠・妊活のジンクスはこちらの記事をご覧下さい。
妊娠ジンクス&子宝スポットを紹介

妊活に相応しい神社ってあるの?

全国の子授け・子宝神社を見ていると「別の場所で同じ名前」の神社を見かけることがあります。
これは「祭っている神様が同じ」という事が考えられます。

特に神話の中では「子宝・子授け」のエピソードをもつ神様もいらっしゃいます。
あなたの身近にもそんな神社があるかもしれません。

探してみてはいかがですか?

淡島神社(あわしまじんじゃ)

淡島神(あわしまのかみ)を祭る神社で、総本山は和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社(式内社・加太神社の比定社)とされています。地域によっては「粟島(粟嶋)神社」という名称になっている事もあります。

女性のあらゆることに対して助け守ってくれる神で、女性にとっては駆け込み寺でもあったと言われています。

この淡島伸の正体は、医薬の神「少彦名神(すくなびこなのかみ)」であるとか、「伊弉冉尊(いざなみのみこと)の子ども」などとも言われます。
いずれにせよ妊活を連想させる神様で、悩める女性の味方になってくれそうですね!

伊弉諾神社(いざなぎじんじゃ)

総本社は兵庫県淡路市多賀にある「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」(※式内社・名神大社・別表神社と、格式高い神社です)。
名前のとおり、「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」「伊弉冉尊(いざなみのみこと)」をお祭りする神社です。

この二柱は「国産み」「神産み」の神話に登場。
「天照大神(あまてらすおおみかみ)」や「素戔男尊(すさのおのみこと)」をはじめ多くの神々をお産みになりました。
まさに、子宝の神、といった感じですね。

他にも全国の「熊野神社」にもお祭りされているようです。

鬼子母神堂(きしもじんどう)

鬼子母神(きしもじん)を祭るお堂は日本全国で見られ、やはり子宝・子授けのスポットとして人気が高いです。
「神」と書きますが、これは仏教の一尊です。

『子を育てるために人間を襲っていた鬼が、お釈迦様に諭され改心した』という話を御伽噺として聞いたことがある人がいるかもしれません。

日蓮宗や法華宗のお寺で祭られることが多いようです。

妊活情報サイト「コウノトリプランナー」について

当サイトでは「妊活」に関する情報や「妊活サプリ」の情報を随時ご紹介しています。

最新の科学によって証明された最新技術から、昔ながらの言われ・風習など、様々な妊活情報をお届けします。

この記事にコメントする

メールアドレスは非公開です。




*