妊活中のカフェイン摂取はダメなの?飲みたいならカフェインレスがおすすめ!

妊活中のカフェインの影響とは?

惹き立ての豆で入れたコーヒーのイメージ

妊娠中や妊活中のカフェインの大量摂取は体によくないと聞きますが、どうしてか知ってますか?
それは、カフェインは利尿作用があり、水分を身体から出すときに体温が下がるので体を冷やしてしまうのです。
冷えは妊活の中でも大敵です。
しかし、カフェインは体を冷やしてしまうだけではないのです。
他にもどんなカフェインの副作用があるのかみてみましょう。

睡眠障害や不眠を招く

睡眠不足が続いているイメージ

カフェインには覚醒作用があり、入眠しづらい状態や眠りが浅くなってしまいます。
妊活中の質のいい睡眠は、ホルモンの分泌にも関わってきますので大切なことです。
覚醒作用があると言うことは、間接的に女性ホルモンの分泌に影響されてしまうのです。
ホルモンバランスの乱れにもなってしまいますので、睡眠前のカフェイン摂取は避けましょう。

必要な栄養素の排出

トイレに行くイメージ

カフェインには利尿作用があることから、ビタミンやミネラルなどの大切な栄養素までも体外に排出されてしまいます。
また、自律神経の調整に働きかけるカルシウムの吸収を妨げ、カルシウム不足が起ってしまうのです。
そうなると、ストレスを感じやすくなり、妊娠力の低下を招きます。

血行不良による冷え

血行不良になり、体が冷え切ったイメージ

カフェインには、強心作用があり心臓の動きを活発にさせる効果があります。
心臓の筋肉の収縮力が増し、血圧の上昇や血管の収縮が起こるのです。
血管が収縮したことによって、血行不良となり利尿作用と同じく体が冷えてしまうのです。

1日のカフェインの目安は?

一日のコーヒーは何倍まで飲んでいいのかと考えるイメージ

今までコーヒーを飲むのが習慣になっていたら、突然コーヒーをやめるとなってもどうしても飲みたくなりますよね。
妊活中はカフェインの摂取を少量にして過剰摂取を控えることを気をつければいいのですが、一日の目安はどのくらいなのでしょうか。
実は、日本では妊活中や妊娠中のカフェイン摂取を控えた方が良いという注意喚起だけであって、一日の摂取量の基準は設けられていません。
しかし、海外の機関では摂取目安量を定められていますので、見てみましょう。

世界保健機関(WHO)

カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料は同じくらいの量のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを、1日3~4カップまでにすることを呼びかけています。

米国

保健福祉省(DHHS)及び農務省(USDA)による2015年の栄養ガイドラインに関する科学レポートでは、健康な大人では、適正なカフェイン摂取、すなわち1日当たり3~5カップ又は1日当たり400 mgまで、であれば心血管疾患などカフェインの慢性的毒性のリスクは増加しないとしています。
一方、カフェインをお酒(アルコール)と一緒に摂取した場合の健康影響について懸念を示しており、アルコールとエナジードリンクを一緒に摂取するべきでないとしています。

 欧州

欧州食品安全機関(EFSA)は、2015年にカフェインについてリスク評価を行っています。
大人では、カフェイン摂取量が3 mg/kg体重/日であれば急性毒性の懸念はないとし、これから、体重70 kgの大人であれば、1回当たり200 mgのカフェイン摂取であれば健康リスクは増加しないとしています。また、習慣的なカフェイン摂取に関しては、妊婦を除く大人では1日当たり400 mgまでであれば健康リスクは増加しないとしています。
妊婦及び授乳婦については、習慣的なカフェイン摂取に関し、1日当たり200 mgまでであれば、胎児や乳児の健康リスクは増加しないと評価しています。
子供については、長期的・習慣的なカフェイン摂取に関する研究が少なく不確実性が残るものの、大人と同様、3 mg/kg体重/日であれば悪影響が見られないと推測されるとしています。

カナダ

2003年に食品中のカフェインについてレビューした結果から、以下の推奨摂取量を定め、2010年に消費者向けに注意喚起しています。
4~6歳の子供では、1日当たり45 mg
7~9歳の子供では、1日当たり62.5 mg
10~12歳の子供では、1日当たり85 mg
(コーラは、355 mL缶(12オンス)1~2缶まで)
妊婦や母乳で保育している母親は、1日当たり300 mg
(コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで2杯まで)
健康な大人は、1日当たり400 mg
(コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで3杯まで)

参照元:農林水産省公式 カフェインの過剰摂取について

海外での妊娠中のカフェイン摂取量を参考にすると、一日200mgあたりまでであればリスクはないということがわかりました。

また、コーヒーに限らずカフェインを含む飲料は様々あります。
コーヒー以外の食品中のカフェインの濃度も知っておけば、過剰摂取の心配もなくなります。
他のカフェイン濃度も参考にしてみて下さい。

食品中のカフェイン濃度のイメージ

引用:©www.maff.go.jp

カフェインレスコーヒー

カフェインレスのコーヒー豆のイメージ

妊活中に限らず妊娠中、授乳中でもコーヒーを飲みたい!という方には嬉しい存在ですよね。
最近では、カフェやコンビニでも取り扱いが見られ、カフェインの摂取を気を付ける人も多くなっているようです。
カフェインを気にせずに楽しめるカフェインレスコーヒーは、どんな物が人気なのでしょうか?
おすすめのカフェインレスコーヒーを紹介します。

スターバックスコーヒー ディカフェ ドリップコーヒー

スターバックスコーヒー ディカフェ ドリップコーヒーの商品イメージ

引用:©www.starbucks.co.jp

250g 1,240円(税別)

ナッツやココアの味わいが特徴で、癒される香りとコクなどすべてのバランスがよくカフェイン入りとは変わらない味で好評のディカフェ。

ネスカフェゴールドブレンド カフェインレス

ネスカフェゴールドブレンド カフェインレスの商品イメージ

引用:©d.nestle.jp

80g 1,011円(税別)

2017年9月1日に発売されたばかりのカフェインレスコーヒー。
味わいはそのままに、自然の水だけを使用する独自の製法でカフェインを97%カットされています。

ブレンディレギュラーコーヒー やすらぎのカフェインレス

ブレンディレギュラーコーヒー やすらぎのカフェインレスの商品イメージ

引用:©www.agf.co.jp

 

飲みたいときにお湯を注ぐだけで簡単にすぐ作れるドリップコーヒー。
カフェイン97%カットのコロンビア産最上級グレード豆スプレモ100%使用で本格的なコーヒーを味わえます。

まとめ

カフェインレスコーヒーで一休みしているイメージ

カフェインレスコーヒーは、カフェイン入りのコーヒーと同じように味や香りを楽しむことができます。
妊活中などに限らず、カフェインを控えたい時などもおすすめです。
コーヒーを我慢してイライラになるよりも、是非ノンカフェインで一息してみてはいかがでしょうか。