出産費用はちゃんと用意している?自然分娩と帝王切開分娩の費用の差

出産費用はどれだけかかるの?

不妊治療をすると、平均で140万ほどかかると言われています。
詳しくはこちら:不妊治療にはどれくらいの費用がかかるの?しっかりと助成制度を理解しておこう

不妊治療を行った上で、次は出産にかかる費用も現実的に考えておく必要がありますよね。
まだまだ先、と思っていても不妊治療を始めるならしっかりと出産費用まで把握しておくことは大切なことなんです。

妊婦健診にかかる費用

妊娠・出産には保険が適用されない

妊娠、出産には不妊治療と同じく保険が適用されません。
一回の妊婦健診には3,000円~5,000円、検査の数が多いと1万円を超える時もあるんだとか。

妊婦健診には助成制度もある

望ましい妊婦健診の回数は15~16回と言われていますが、1回に5,000円の出費になるとして16回の健診を受けた場合、総額80,000円の負担がかかってしまいます。

しかし、今はそんな経済的負担を減らすため、公費によって助成されるようになっています。
各自治体で助成内容や金額が異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

妊娠に気づいたらすぐに自治体の窓口へ

引用:©www.mhlw.go.jp

妊娠届を提出すると、母子健康手帳とともに公費の補助で受けられる受診券(助成)などを受け取ることができます。

届け出を出さないまま病院へ行ってしまうと、助成されなくなってしまうこともあるので、まずは窓口で届け出を出しましょう。

妊婦健診以外にかかる費用は?

マタニティウェア

普段の服装だとなかなか不便なこともあり、マタニティウェアも必要になってきますよね。
マタニティウェアといえば、ワンピースのようなトップスも想像しがちになりますが、実はショーツやブラジャーなどもちゃんとマタニティ用の物があります。

販売は百貨店やショッピングセンター、通販などさまざまなところで購入することができます。

マタニティトップス 3,000円前後
マタニティワンピース 3,000円前後
マタニティボトムス 3,000円前後
マタニティパジャマ 4,000円前後
マタニティショーツ 2,000円前後
マタニティブラ 2,000円前後
産褥ショーツ 2,000円前後
妊娠帯 1,000円前後

おおよその価格帯としてはこの程度となっています。
ファストブランドの洋服と同じくらいの値段なので、求めやすいですよね。
店舗やブランドによっては、ショーツなど何枚組かで安いものもありますよ◎

母親学級・両親学級

妊娠中の生活の仕方やイメージトレーニング、母乳保育のためのケア方法など、出産するにあたって母親学級や両親学級を受ける人も多いのではないでしょうか。

病院次第では母親・両親学級に必ず参加しなければいけないところもあるようです。
でも、参加費ってどのくらいかかるのか不安ですよね。

開催されているところの多くは、無料で行っているようです。
ただ、場所や主催によっては料金が必要な場合もあります。

1回1,000円~2,000円と低価格なものの、しっかりと指導内容と料金は確認しておきましょう。

マタニティスポーツの費用

特に体重が気になる人や体力をつけたい人は、マタニティスポーツをしてみたいという人も多いのではないでしょうか。
マタニティスポーツの費用も場所や病院によってはばらつきがあります。
付近の産婦人科や産院でもマタニティスポーツが行えるところもあるので、ぜひ問い合わせてみてください◎

例えば熊本県にある福田病院内のマタニティサポートでは、以下のスポーツが1ヶ月5,000円の会費でなんども利用することができます。

マタニティスイミング

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

足のむくみ、肩こり、腰背部痛の緩和に効果的で、分娩に必要な骨盤周囲の筋肉強化なども行えます。

マタニティアクア

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

音楽を使って立位体で行うエクササイズ。顔に水をつけずに行えるので、泳ぎが苦手な人でも気軽に挑戦できます。筋力・筋持久力をつけ、妊娠中の不快な症状の緩和もできます。

マタニティビクス

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

体内に多量の酸素を取り入れながら行う全身運動で、母体の心拍数や子宮収縮などの調査結果に基いてプラグラムされています。精神面でもリラックスしやすくなります。

マタニティヨーガ

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

体操・呼吸・リラックス・瞑想から成り立ち、自分の体や気持ちにじっくりと向き合うことができます。

ジム

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

腕・背中・足・腰など体の隅々までシェイプアップし、体力の向上に繋がります。体重の増加が気になる人にもおすすめ。

エアロビクス

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

リズムにのって体を動かし、大量の酸素を取り入れることで全身の血液の循環をよくしてくれます。
ストレス解消や脂肪燃焼、心肺機能を高めることに期待ができます。

ベビースイミング

引用:©www.fukuda-hp.or.jp

お母さんといっしょに水中でのスキンシップが楽しめます。水に慣れていくとともに、親子で友達作りをすることができます。

他にも産後のケアなども積極的に行っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

参照:福田病院 ウェルネス

出産・分娩入院にかかる費用

いよいよ出産となると、どのくらいの費用がかかってくるのでしょうか。
これは自然分娩か、帝王切開かで大きく変わってきます。

自然分娩の場合

医療介入をせず、自然の流れに沿った出産「自然分娩」には、分娩入院費が40万前後必要になってきます。
これには健康保険が適用されません。

ただ、42万円(産科医療補償制度に加入していない産院での出産の場合は40万4,000円)の出産育児一時金が給付されるのでそこまで負担はかかりません。

しかし、それで全面負担ができるというわけではないんです。
かかっている産院のサービス内容によっては分娩入院費が出産育児一時金を上回ることもあります。
しっかりと分娩入院費が総額いくらかを産院側に確認しておきましょう。

また、出産育児一時金が健康保険から直接産院に支払われる制度が原則とられていますが、中には直接支払制度を導入していない場合もあります。
その場合はしっかりと立て替える費用を準備しておくことも重要です。

よく、分娩入院費は健康保険が全額払ってくれると思って、分娩入院費用を準備していなかったということもあるようなので、注意してください。

帝王切開分娩の場合

膣を経由せず、妊婦のお腹をメスで切って赤ちゃんを取り出す出産を「帝王切開分娩」と言います。
これには健康保険が適用されます。

緊急帝王切開は22万2,000円、予定して行われる選択帝王切開は20万1,400円(平成28年診療報酬点数表より)とされています。

健康保険の適用によって自己負担は3割と少なくなりますが、自然分娩よりも入院期間が長くなるため、入院費を含めた自己負担額は40万~100万円と高額になります。

こちらもサービスが充実しているほど入院費が高くなってしまうので、産後のことも考えるなら帝王切開の費用に加えて入院費も考えなくてはなりません。

自分に合った産院・病院選びを

母親が自分を産んだ場所や夫の産まれた病院を選ぶ人も多いと思います。
しかし、一概に親がかかりつけだった場所を選ぶ必要はありません。
妊娠中・産後の精神的な面にもつながるので、自分に合うところをきちんと選びましょう。

また、サービス内容も重要ですが、実はそれだけの費用がかかることを知っておくことも大切です。
特に自然分娩を選ぶか、帝王切開を選ぶかでは出産にかかる費用も、入院にかかる費用も大幅に違っていましたよね。

ぜひこれからの妊娠・出産に向けてのプランを立てる時に参考にしてみてください◎